旧道隧道 -TUNNEL TOUR-
~ 近鉄奈良線 旧生駒トンネル(石切側入口)
図:トンネル入口の場所

逢坂山トンネルに続き、関西旅行で訪れたトンネルを紹介します。

元々は旅行の目的(心霊スポット(^^;)に沿った事前調査で見つけた場所で、心霊スポットを特集した某サイトで紹介されていました。

心霊スポット関連のサイトによると、旧トンネルと新トンネルは途中で合流しているような記述がありますが、これは間違い。近鉄オフィシャルのページで、新トンネルと旧トンネルはまったく別の場所に掘削されたことが、図で示されています。

しかし、旧トンネルの建設で落盤事故が発生し、多くの犠牲者が出たというのは事実のようで、トンネルの通過中に幽霊が出るという噂は、開通当時からあったそうです。

正しくは旧生駒トンネルと、後に作られた近鉄東大阪線の生駒トンネル(1986年開通)が繋がっているということなのだそうです。東大阪線の生駒トンネルは、生駒側の入口を含む一部を、奈良線の旧生駒トンネルを拡幅して建設されたのだそうで、それならば後述の厳重な警備も納得というもの。

心霊スポットとされる由来については他にもあって、トンネル内での車両火災や、列車のブレーキが故障して先行列車に追突し、多数の死傷者を出す事故があったり、上記の東大阪線開通後にも、トンネル火災で死者が出るなど、開通後も苦難続きのトンネルのようです。

#情報を提供してくださったyou2さん、ありがとうございました。

話を元に戻しましょう。旧生駒トンネルがある鉄道路線は、近鉄の前身である大阪電気軌道(通称:大軌)の開業路線で、大阪からまっすぐ東に進み、生駒山地を長大トンネルで抜け、最短距離で奈良と結ぶという大胆なものでした。旧生駒トンネルは、その生駒山地を一気に貫く最も重要なトンネルで、その掘削は困難を極めたといいます。

そうしてついに開通(1914)した鉄道でしたが、旧生駒トンネルは当時の小型な車両しか通れない設計だったため、近代化に伴い、大型の車両も通れるよう断面積の大きいトンネルを新たに掘削しました(1964)。これが現在の生駒トンネルで、半世紀に渡る歴史に幕を閉じた旧生駒トンネルは、新トンネルの近くにひっそりと入口を残しています。

参考:近鉄奈良線の履歴(近畿日本鉄道)

写真:石切駅付近。クリックすると大きな画像が出ます。

写真左が、現在の近鉄石切駅。現在の生駒トンネルは写真の左端付近に入口があります。奈良線開通当時、この付近は山になっていて、今の石切駅付近一帯は地面の下だったそうです。当時の線路はその山を急勾配のトンネルで抜け、写真右の駐車場の部分を経て、旧生駒トンネルに至っていました。駐車場の隅には線路が存在した当時の橋台の跡が残っていて、側を通る道路からよく見えました。

写真:孔舎衙坂駅入口1
写真:孔舎衙坂駅入口2

先程の写真を撮った場所から、駐車場の辺りまで歩いてきたところです。

門の向こうに続いているコンクリート敷きが、開業当時に線路があったところです。一見すると立入禁止のようですが、門の横に歩道があって、ここから歩いて中に入ることができます。

奥に見えるのがトンネル入口で、手前の両側にあるのは、トンネル切替と同時に廃止となった、孔舎衙坂駅のホームです。ホーム跡はほとんど草ぼうぼうになっていますが、ホームに隣接した神社があるほか、この辺りに登山口があるようで、荒れ放題というわけでもありません。

写真:孔舎衙坂駅跡と旧トンネル入口1。クリックすると大きな画像が出ます。

普通の目線の高さから撮影したものなんですが、上下線のホームの間隔や、トンネルの断面積が若干狭いことがお分かりでしょうか。

トンネルは現在も何らかの用途に使われているようで、入口は門で塞がれているばかりでなく、照明設備や防犯カメラまでもが設置されています。それにしても厳重な警備です。いたずらに侵入する人が多いんでしょうか。確かに、立入禁止の看板や立ち入り防止の柵の類がなかったとしたら、私も入ってみたかもしれませんが(^^;

写真:トンネル入口 写真:トンネル内部
トンネル入口正面 入口の門の隙間から内部を撮影。
中にはさらに扉とサーチライト、防犯カメラが設置されている

元は心霊スポットとして知った場所でしたが、昼間に来ればのどかな廃線跡で、振り向くと急斜面に張り付く住宅地が一望できる場所とは、とても思えない場所でした。

逆に言えば真っ暗な夜中は怖いかもしれませんが、このページを見てから行けば、きっと恐怖心半減です(笑)

写真:孔舎衙坂駅跡と旧トンネル入口2