旧道隧道 -TUNNEL TOUR-
~ 国道291号線 旧中山隧道 ~

中山隧道を見てみたいと思ったのは、とある車好きな方より、ここを通った時の話を聞いたのがきっかけです。「高さ制限1.5m、幅制限1.4m、大概の地図では通行不能扱いになっている」と聞けば、興味を持たないわけがありません。

初めてここを訪れたのは、学生時代の友人と連れだって長野へ行ったときのことでした。帰りは日本海回りで柏崎→小出と走ったので、ついでにここへ寄ってもらったのですが、時間は深夜の2時頃。暗闇の中に素堀りの壁を照らす蛍光灯が浮かび上がる光景は、あまりにも不気味で誰も歩いて通過する気になれず、入口だけ拝んで帰ってしまいました。既に新トンネルが建設中で、旧トンネルが近いうちに閉鎖されるのは目に見えており、この時カメラを持って通っていれば‥‥と、今でも悔やまれます。

そんな私の強烈なリクエストもあって、関東も冬が近い11月下旬、やはり学生時代の友人2人と一緒に、この隧道を訪れることになりました。その時にデジカメで撮った写真を載せておきます。


図:中山隧道の場所

中山隧道は、新潟県山古志(やまこし)村と広神村の間にある、国道291号線のトンネルです。中山隧道の歴史は作りからしてかなり長いようですが、私の方では調べていないので不明です。現在はすぐ隣に新しい「中山トンネル」が開通しており、中山隧道の片方の入口は事実上閉鎖状態になりました。もう片方の入口も、近いうちに柵などによって入れなくなると思われます。

追記 : 閉鎖されると思っていた旧中山隧道ですが、後に史跡として保存され、見学可能な形で再整備されているそうです。関係者の皆様に拍手。

写真:中山隧道広神側入口1
広神側入口。正面右が貫通した新トンネル。
旧トンネルは写真中央の壁を登った、左上の高くなっている場所に入口があります。新トンネル建設中は写真中央から右に向かって仮橋が架けられていて、旧トンネルを利用することができました。
橋がなくなって、どうやって上に登ろうかと一瞬思ったのですが、上の写真中央、壁のところにはしごが掛けられていたので使わせてもらいました。
写真:中山隧道注意喚起標識
こちらの写真は旧トンネルの現役時代から立っていた標識です(前の写真でも、左の高台の上に立っている所が小さく映っています)。「幅員狭小のため四輪車通行注意」下の白地の部分は「最小幅員1.4m」と書かれています。「注意」の部分が後から書き換えられているのが気になります。「不能」とか「禁止」とでも書いてあったのでしょうか。このすぐ先に、高さ制限と車幅制限の標識が立っています。
写真:写真:中山隧道広神側入口2 写真:写真:中山隧道広神側入口3
そして、これが旧トンネルの入口です。寒さと霧のせいか、うまく撮れていません(;_;)。ポータルは無く、土に洞窟の入口のような穴が空いているという表現がぴったり来ると思います(^^;。土の表面はわずかに水が流れていて、苔などがびっしり生えています。
写真はないのですが、照明器具は天井や壁に直接取り付けられないので、路面から鉄パイプで頭上をまたぐアーチを作り、そこに照明が取り付けられています。以前は蛍光灯が取り付けられていて明るかったのですが、現在は取り外されて真っ暗です。
写真:中山隧道内部1
トンネルは一直線ではないので、入口から出口は見えません。これは出口の光が見えた場所で撮った写真です。
ごつごつした壁は湿っていて、足元は水たまりがたくさんできていました。崩落を防ぐためなのか、天井部分に金網を張ったりセメントを吹き付けたりするなどの工夫が為されています。
写真:中山隧道内部2
出口が近づくと、さっきまで不定形でごつごつしていたトンネルの形が均一になり、まっすぐ出口が見えるようになります。地質の違いで真っ直ぐ掘れなかったのでしょうか。
写真:中山隧道山古志側入口1
山古志側の入口に到着しました。こちらはコンクリートでトンネルを延長してあります。車高・車幅制限の他に、「中山トンネル内地山崩落のキケン 全面通行止」と書かれた看板が立ててありました。
写真:中山隧道山古志側入口2
新中山トンネル入口と共に撮影。こちら側は入口に高低差がありません。
写真:中山トンネル施工概要図
帰りは新トンネルを歩いたのですが、途中でこんなものを見つけました。地質や新旧トンネルの位置関係などがよく分かります。フラッシュ無しで撮ったものがブレていたのでこれしかありません(;_;)。私ってば写真撮るの下手すぎ‥‥
写真:中山隧道広神側入口4
広神側入口まで戻ってきました。通行止めの看板がある横を、地元のものと思われる車が勢いよく通過していきました。(^^;